白石の農作物

farming_img01

レンコン

「白石レンコン」と名がつくほど、白石では一大生産されています。とある農夫が生産をはじめたレンコンは白石平野のミネラルたっぷりの土壌のおかげで、ホクホクでモッチリした食感で「これレンコン?」と思うくらいの特長があります。
レンコンにはビタミンCや食物繊維をたっぷり含み滋養強壮作用もあり、普段から食べたい健康的な食材です。白石レンコンは泥付きで出荷されることが多いです。この泥は乾燥を防ぎ、日持ちをよくします。

今すぐ注文したい

farming_img02

玉ねぎ

玉ねぎと言えば北海道を連想されると思いますが、北海道に次ぐ生産地は佐賀県で大半が白石で作られています。
白石のミネラルたっぷりの粘土質な土壌が、玉ねぎの辛味がすくなく、甘くて柔らかいを生み出します。
北海道とは違い春先に収穫される「極早生玉ねぎ」は加熱せずフレッシュな状態で辛味が少ないので、水にさらしたりする事無く召し上がれます。水分が多く柔らかいので、長期保存が難しい事や熱を加えると形がなくなる欠点がありますが、知る人ぞ知る玉ねぎとして全国の飲食店から注目されています。

今すぐ注文したい

farming_img03

お米

佐賀県農業試験センターが長年の研究を重ねて開発した「さがびより」が特A評価を受け注目されています。1.9mm以下のサイズはふるいにかけ、粒が大きいので歯ごたえが良いのが特長です。炊きたては当然ののこと、冷めても美味しいので、おにぎりに最適です!
栽培基準やおいしさを決めるタンパク質の量などの厳しい基準をクリアしないと「さがびより」と名乗れません。

今すぐ注文したい

farming_img04

アスパラガス

白石は10アール当たりの平均収穫量は日本一の生産量を誇っています。有機農法を取り入れた農家が多く、安全性の高い生産を研究し続けています。
春先のアスパラガスはメロンに匹敵するほどの甘さになるほど糖度が増します。

今すぐ注文したい